患者さまの自立と社会復帰を願って

現在の精神科病院には、統合失調症やうつ病の治療療養だけでなく、
引きこもりや認知症、あるいは社会不安障害をはじめとする
適応不全を主体とする症病の治療が求められている。
これらの対症疾患の多様化と合わせて、
各個の患者の入院期間や外来移行後の生活形態も様々に変化している。
当院ではこのように個別化した患者のニーズに応えるため、
入院においては作業療法やSSTなどによるリハビリ、
また退院後のサポートのためデイケアや訪問看護に加え、
短期入所施設などを整備し、より近代的な精神科病院の在り方を追求している。

理事長 杉田荘太郎      

『杉田病院の医療の取組み』について

医師・看護師・薬剤師・作業療法士・精神保健福祉士・栄養士・事務等が、
患者さまに最適な医療を受けていただくために、チームを組み、
それぞれの患者さまの病状に応じた『治療計画』を作成し、
患者さまとチームが手を携え、協力しながら治療を進めてまいります。

ページの先頭へ

全館のご案内

ページの先頭へ